zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

記事を一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog
記事を探す時は、上記のカテゴリー一覧や、まとめページから探すと、探しやすいです。

タピオカが流行ると、相場が崩れるジンクス

f:id:zakkinoblog:20210712105412j:plain

 

 

タピオカが流行ると、相場が崩れるジンクス

 

タピオカが流行ると、相場が崩れるジンクスというのがあって、ジンクスの通り、2020も崩れた。

 

すごい、適当な仮説を思いついた

 

相場が崩れるときというのは、上昇が伸び切っていって、それ以上、上昇しないもどかしい状態になる。

 

タピオカ飲料を飲むときも、最後のタピオカが食べられないで残る、もどかしい感覚がある。

 

相場の影響が、それ以外に伝わって、無意識的にもどかしいものを求めてしまうのかもしれない。

 

という、すごく適当な仮説。

 

根拠の一つ

 

唐揚げ専門店が流行るのは、理解できる。

流行る前から、唐揚げ専門店の、ポテンシャルの高さは知っていたから。

 

ただ、タピオカは理解できない。

特に美味しいものではないと思うので。

昔からずっと。

 

タピオカ自体の味は、当然ながら、何十年前から変わっていない。

たしか、何十年前も、コンビニかどこかではタピオカミルクティーは売っていた気がする。

そして、その当時も、なんとなく、もどかしい飲み物だなと思っていたと思う。

 

タピオカを批判しているわけではないので。

あくまで、個人の感想。

 

だから、タピオカが流行るのだけは謎なんだけど、この適当な仮説を立てることで、仮の納得ができる気がする。

 

さらにいい加減な仮説を追加すると

 

つまり、タピオカが流行るときには、別のもどかしい何かも流行っているのかもしれない。

 

そこに、新たなビジネスチャンスが、あるかもしれないし、ないかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: PAKUTASO/ぱくたそ

 

 

 

ITエンジニアは、手帳がなくても何とかなる人はいる

f:id:zakkinoblog:20210826155946j:plain

 

 

今週のお題「手帳」

 

 

他の職種でも、あるかもしれないけど、ITエンジニアは、だいたい、デジタルでなんでもかんでも保管してしまう。

 

状況によっては、紙とペンが必要な場合もあるけど、その場合も、ぺら紙とか、ルーズリーフで事足りる。

いざという時に、ちょこっとメモできる程度の紙切れとペンだけあれは、あとはPCでたいてい処理できる。

さらに、日に日に、紙を使う頻度が減っているかもしれない。

 

もちろん、ITエンジニアでも、手帳を普通に使う人は使うけど。

 

 

実は、紙媒体というのは地味にめんどくさい。

 

デジタルだったら、無限に追記できるけど、紙は限度がある。

 

さらに、デジタルだと、検索ができる。これも大きい。

 

あと、物理的に空間を使う。

手帳だと、そこそこの大きさだと、地味に重い。

カバンの重量を下げることに、命を懸けたいなら、軽めのルーズリーフと、数枚の紙が一番軽くなる。

 

さらに、ルーズリーフだと、不要になったら、不要なページだけ、いつでもシュレッダーにかけてしまえばいいだけなので、地味にセキュリティが高い。

 

ルーズリーフといっても、小型のルーズリーフだと、書き込める量が少ないため、なんとなくフラストレーションがたまる。

通常サイズのルーズリーフでも、紙が数枚程度なら、そこまで重くはならないので、まどろっこしいのが嫌いな人は、通常サイズのルーズリーフで大丈夫だと思う。

 

実は、ルーズリーフではなく、紙切れだけペンケースに入れて持ち歩くのも手なんだけども、ルーズリーフだと、一応体裁は保たれるという側面がある。

あと、紙切れだけだと、ペンケースに入れていても、そのうち、じんわりと汚くなっていく。

 

経験的には、紙切れだけの場合でも、特に問題なかったけど、一応体裁は保ったほうがいいかも。そこは人それぞれ。

エンジニアは、技術を売るのが仕事なので、それ以外は適当でも問題ないみたい。

意思疎通だけできれば十分。

そして、この意思疎通というのも、地味に難しいのだけど、それは後日。

 

ITエンジニアは、紙切れはちょこっとだけ必要。だから、ちょこっとだけ持っておいたほうがいいだけ。

 

効率が悪い環境に紛れ込んでしまった時は、最初だけ、紙を使うふりをすればいい。

あとは、それとなく効率的な方向に崩していけばいいだけ。普通は、それでなんとかなる。

なぜなら、効率的ではないことをしている人は、スキルが低いから。効率的なことをしているほうが、スキルが高いため、自然に問題ない感じになっていくし、大概は、最初から問題なんてない場合がほとんどだから。

つまり、開き直るのが問題ない場合も多いということ。

なぜなら、問題自体が幻想ということも多いから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のお題は、当ブログのプロモーション活動(拡散)のために行っています。
そのため、他の記事と違い、数日で煮詰めないといけないため、内容は薄いですので、あまり期待しないでください。今週のお題が、当ブログのポテンシャルだと思わないでいただきたいです。
あと、今週のお題は、本流の妨げになるため、ある程度時間が経過したら消去しています。今流行りの、短い期間でしか見れないというやつを手動で行っています。この記事は、ある意味、期間限定の記事とも言えます。
ついでに、URLも自動生成のを使っていますので、URLの扱いについては、ブロガーの人はマネしないほうがいいと思います。