zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

社内での情報伝達ツール

f:id:zakkinoblog:20210719111129j:plain

 

 

社内での情報伝達ツール

 

基本的には、slackやyammerでいいと思う。

 

IT企業では当たり前だけど、IT以外の会社では使っていない企業も多いと思うので、試しに使えば、とても便利なことに気づくと思う。

 

証拠を残す

 

ただ、重要なことに関しては、メールにして証拠を残したほうがいいと思う。

証拠が必要と思った箇所のslackやyammerの内容を、テキストファイルに保存するだけでも、後で確認するときや、自分自身がうろ覚えになる状態に対する対策としても、いろいろ便利だと思う。

さらに、重要な箇所のURLや、ファイルパスを残しておくこともとても便利に機能する。サクラエディタであれば、ファイルパスから、直接ファイルを開くことも可能。

 

後で検索すればいいと思っている人が多いと思うけど、後で検索で探すのは意外とめんどくさいうえに、必要な情報を見つけられない場合も多い。

 

セキュリティ

 

lineについては、業務での利用はお勧めできない。

なぜなら、海外のアウトソーシングの会社の人が、DBを覗ける状態で運用されていたから。

今は、まともなセキュリティ体制をとっている保証は全くない。

lineを使うのは、覗かれても問題がない程度の、個人的なことだけに利用するほうがいいと思う。

日本のサービスは、セキュリティがガバガバなので要注意。

 

ただし、slackやyammerであっても、完全に安全である保証はないのは、そこのところは覚えておいたほうがいいと思う。

あくまで、比較的、だいぶましなだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: いらすとや

 

 

エジソンの名言の解説

f:id:zakkinoblog:20210521090950j:plain

 

 

エジソンの名言の解説

 

偉人というのは、いろいろ厄介なことも多い。

 

なぜなら、詳しく解説しないと誤解を招くことを、名言という形で、シンプルに残してしまうことが多いから。

 

ただ、意味が分かる人にとっては腑に落ちることも多い。

ただ、残念ながら、意味が分からない人は、誤解することが多い。

そして、社会というのは、その誤解をしてしまった人の影響というのも大きいということ。

 

努力に対しての誤解を与えた名言

 

天才についての名言

 

Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.

 
天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

 

労働に対する名言

 

I never did a day’s work in my life. It was all fun.

 

私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ。

 

 

あれれ?と思った人もいると思う。

なんのこっちゃ、分からない人はわからないかもしれない。

 

まず、perspirationの意味を調べてみよう

 

汗◆sweatより上品な語。
汗をかくこと[かいている状態]、発汗
〔汗をかくほどの〕努力

 

これが、perspirationの意味。

努力というよりは、黙々とした作業という意味のほうが近そう。

 

つまり、こう訳さないといけなかった。

 

「ひらめきと、ひらめきから派生した膨大な作業によって、天才的な結果につながる。」

 

そして、皆さんの解釈はこう。

 

「ひらめきより、努力のほうが99倍大事」

 

つまり、本来の意味では、実態は、「ひらめき」のほう。

そして、誤解された意味では、実態は、「努力」のほう。

 

いずれにしても、努力という言葉は、結構厄介な言葉なので要注意。

詳しくは関連記事参照。

 

 

イノベーションに関する名言

 

I find out what the world needs. Then, I go ahead and invent it.

 
まず世界が必要としているものを見つけ出す。そして、先へ進み、それを発明するのだ。

 

 

このことを、正確に理解できる人は、ほとんどいないと思う。

 

これは、イノベーションに対しての名言。

 

皆さんは、誤解しているかもしれないけど、イノベーションというのは、新しいことをすることではないし、世の中にないものを作ることですらない。

 

はっ?と思った人も多いかもしれない。

ただ、これが現実。

 

イノベーションというのは、潜在的なニーズを満たすこと。」

この一言に尽きる。

 

これ以外で、生み出されたものは、イノベーションでも何でもない、ただの物に過ぎない。

 

 

適性に関する名言

 

If we did all the things we are capable of doing, we would literally astound ourselves.

 
もし我々が自分にできることを全て実行すれば、自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう。

 

 

「何言ってんだこいつ?」と思った人も多いと思う。

それは、妥当な反応だし、正直な反応だと思う。

これは、理解できない場合は、本当に理解ができない。

理解をするふりをして、妄想に逃げるより、正直なほうがまだましだと思うし、そのような人のほうが、まだ、望みがあると思う。

 

分かりやすく解説する。

 

これは、適性に関する名言。

おそらく、エジソン本人も、正確には認識できていなかったかもしれない。

 

みなさんは、おそらく気づいていないはずなんだけど、人は、「適性がある人は自分の適性に気づけないパラドックス」というものを持っている。

なぜかというと、適性があることは、簡単にできてしまうため、他の人も、同じように簡単にできてしまうと誤解をしてしまうから。もちろん、自分の適性を伸ばしてきた人の場合はだけど。

ただ、多かれ少なかれ、人は自分の適性に合ったことは、人より簡単にできてしまうし、人よりいい結果を簡単に出せてしまう。

だから、適性の合ったことであれば、本当に「自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう」となる。

 

だから、エジソンは、こう説明するのが正解だった。

 

「自分の適性に合っていることを前提にした場合はだけど、もし我々が自分にできることを全て実行すれば、自分自身に対して文字通りびっくりすることだろう。」

 

今は、自分の適性を活かせてない人は、分からないと思う。

ただ、自分の適性を活かせたときに、これが事実であることに、気づくかもしれない。

 

 

実は、これも、本質的には適性に関する名言だったりする。

 

Many of life’s failures are people who did not realize how close they were to success when they gave up.

 
人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

 

 

適性があることは、実は、継続しやすい。

そして、この継続と結果には、かなり特殊な関係性がある。

そして、肝となるのが、自分の適性に合ったことを選択しているかどうかにかかっている。

 

 

最後に

 

名言から何か学ぶというよりも、名言が腑に落ちる状態であることが肝要。

 

今は、ピンと来なくても、知見を高めると、もっともなことを言っているなとわかってくると思う。

 

 

名言から、何かを学ぶのは、おそらくは無理だと思う。

せいぜい、誤解をしてしまうのがオチ。

 

だから、名言からは、厄介な誤解をしている可能性を警戒したほうがいいくらいだと思う。

 

 

名言から何か学ぼうとすると、妄想を育み、単なる現実逃避に終わってしまうことが多いので要注意。

 

必要なのは、名言の意味を正しく把握できるだけの、見識を身につけること。

 

 

残りの名言については、出典元参照。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

出典元

 

iyashitour.com

 

eow.alc.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay