zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

知識

お風呂での、いくつかのコツをまとめた

今週のお題「お風呂での過ごし方」 どう過ごすかは、人それぞれだと思うので、それは置いておいて、いろいろコツのようなことを解説。 人によっては、当たり前のことで、コツというほどではないかもしれないけど、 実は、この、当たり前のことを普通に忘れて…

本当は働きたい人が働いている

本当は働きたい人が働いている。 なぜなら、働きたくない人は、生活保護で暮らせるから。 大多数の働いている人は、働きたくて働いているという人がほとんどだったりする。 さらに、文句を言っている人のほとんどが、実際には働きたくて働いている場合がほと…

いつも通り、やるべきだと思うことを継続することのみ

今週のお題「今月の目標」 いつも通り、やるべきだと思うことを継続することのみ。 それ以外は、特に何もない。 これは、熱血的なイメージを持たれるかもしれないけど、実は論理的な話だったりする。 細かく解説。 ただ、ここには、一つ、致命的な問題がある…

生活保護を否定する人の解説

たいていの環境では、生活保護や、それに相当することはある。 なぜそうなのかというと、これは、基本原則なんだけど、いまいちわかっていない人が多いので解説する。 社会というのは、生活保護がないと、正常には成り立たない。 よくよく考えてみると、当た…

適正があることをし続けると、ある程度の結果は出る

今週のお題「爆発」 私の才能が爆発した経験 経験的に言って、 適性があることを選んで、 淡々と継続して、 何となくやっていたら、 いつの間にか、なぜか、すごく評価されるようになっていたということはある。 自己承認欲求も満たされるし、自己肯定感も上…

サボるという状況は、本来なら、存在しないはず

今週のお題「サボる」 サボるという状況は、本来なら、存在しないはず。 これは、努力をしないといけないとかいう意味では全然ない。 zakkinoblog.hatenablog.com サボるとは 適切な休息は常に必要なため、適切な休息は、サボるとは言わない。 サボるという…

要領のいい人と悪い人

要領のいい人は、すぐになんとかなるものだけど、要領の悪い人は、とにかく時間がかかる 要領の悪い人でも、地道に継続することで、それなりにスキルはついてくるので、地道にやるしかないだろう。 地道に、工夫をしつつ、継続することで、それなりのスキル…

全ての失敗に意味があるという言葉は結構問題がある

なぜなら、失敗した時に、思考停止して改善しないで、同じ失敗を延々と繰り返してしまう人が多いから。 大部分の人はそうだと思う。 全ての失敗に意味があるという言葉は、現実的には、思考停止の言い訳に使われてしまっていることがほとんどだと思う 。 も…

いい子は報われやすい理由

あなたは、いい子と、そうでない子がいたら、どちらに報われてほしいですか? この問いは、人生において結構重要になってくる。 誰であっても、いい子に報われてほしいと思うだろう。 つまり、これは、どういう状態だろうか。 全ての人によって、報われるこ…

実現することは想像がつく

実現することは想像がつく。 なぜそうなのかは、推察すると、 人は経験、環境、情報から意識的にも無意識的にも推測できるし、反射的に推測してしまうからだと思う。 想像していたことが実現した時は、実現することは想像がついていただけと考えれば、現実的…

非効率的に生きられる人は恵まれている

非効率的に生きられる人は恵まれている。 なぜなら、非効率的に生きていられる余裕があるから。 日本が非効率的な部分があるのは、恵まれているからかもしれない。 画像提供元: Pixabay

必要なことは「努力」ではなく、「適正」と「適切なトレーニング」

努力という言葉が厄介なものになってしまっているというのを、論理的にわかりやすく解説する。 必要なことは「努力」ではなく、「適正」と「適切なトレーニング」。 人はやりたいことや、好きなことや、適性があることなら、楽しくこなせてしまうもの 例えば…

いい人という言葉に、もやもやしている人への明確な説明

いい人という言葉に、もやもやしている人は、多いと思うので、分かりやすく説明。 いい人というのは存在していない、 ということを認識できていない人は多い。 これは、もちろんネガティブな意味ではない。 よくよく考えたら、いないことが分かると思う 例 …

空気を読むというのは設定に合わせること

空気を読むというのは設定に合わせること。 そして、認識できていると思っている設定というのは、主観的なもので、厳密に定義されていないため、人それぞれ微妙にずれている。 それに気づかない人も多い。 さらに、環境によって設定が変わってくる。 空気を…

本当のことは見落とされがちな理由

本当のことというのはインパクトがない。 本当じゃないことはインパクトがある。 そのため、 本当のことは知らず知らずのうちに、見落とされてしまう。 本当じゃないことに対して、無意識的に反応してしまう。 心理学的なトリック。 インパクトというのは、…

「適正」がなぜ大事なのかをわかりやすく解説

何をするにしろ適性のあったことをするほうがいい。 適正のあることは少ないコストで大きな成果が出る。 「好きなことを仕事にする」という考えで何が何だか分からなくなってしまっている人向け 本当に好きなことは仕事にならない場合がある。 そうなると、…