zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

知能という意味での人工知能というのは作れない

f:id:zakkinoblog:20210604110249j:plain

 

人工知能について、いろいろ誤解している人がいるため、当たり前のことだけど、わかりやすくまとめてみる。

 

プログラムというものの性質上、知能という意味での人工知能というのは今後もずっと作れない。

 

まず第一に、

 

世間でAIと呼ばれているのは、機械学習を含んだアルゴリズムに過ぎないため、知能ではない。

 

そのため、プログラムした枠組みの中の振る舞いしかできない。

 

性質も、アルゴリズムを作った人の加減によって決まってくる。

 

もし、本当に知能というなら、

 

枠組みが作れないといけない。

 

枠組みを作ることはプログラムではできない。

もし、できたとしても枠組みの中で動かすだけの、枠組みを作るシミュレーションだけ。

 

しかも、枠組みではない部分を少しでも表現したいときの判断は、乱数によって行うしかなくなってくる。

そうなると、人工知能というよりは人工無能になってしまう。

さらに、この場合も枠組みではない部分の表現であって、枠組みの中にすぎない。

 

人口無能にシステムをゆだねるような人はいない。

 

そもそも

 

知能という意味での人工知能というものを作る必要はないし、いまの機械学習を含んだアルゴリズムを、決められた枠組みで動かす時点で目的は果たしている。

 

人工知能で破壊的なことが起こるとしたら、アルゴリズムを作る人がそうしない限りおこらないし、そんな実装をする人はいない。

 

システムと自然科学には覆せないものがある。

そもそも、システム自体、覆せないものを必要としたからできたもの。

そのため、なんとなく、トンチンカンな話になっている部分もある。

 

 

 

画像提供元: Pixabay