zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

ITエンジニアにとって、コンシューマーゲーム業界は異世界みたいなもの

f:id:zakkinoblog:20210621090829p:plain

 

 

ITエンジニアにとって、コンシューマーゲーム業界は異世界みたいなもの

 

このようなものを作れる人類がいることが、いまいちピンとこない。

 

ということで、ITエンジニアとコンシューマーゲームは、全然別なものなので、プログラムを覚えたところで、ゲームが作れるようになれるわけではない。

 

試しに、やってみると、ほとんど無理ゲーであることがわかってくる。

 

とはいっても、

 

頑張れば、ITエンジニアでも、そこそこのゲームは作れるけど、本格的なものはまず無理。

コンシューマーゲームの技術は、圧倒的に難しすぎる。

さらに、環境を作るのも、圧倒的にコストがかかる。

 

ゲームを作りたいと思って、プログラムを学んでいる人は、限界に到達して諦める人と、限界を突破してゲームを作るようになる人に分かれると思う。

 

さらに、コアの技術などは、数学や物理の天才みたいな人じゃないと無理だと思う。

 

つまり、ITエンジニアというのは、

 

限界を突破できないような、適当な人でもできる仕事ということだけど、DBのこととかは覚える必要が出てくる。

 

だから、適性によっては、ゲーム作りのほうが簡単に感じる人もいるかもしれない。

 

DBなどのサーバーサイドのほうが好きな人は、ITエンジニアのほうがあっていると思う。

 

ただし、プログラムを覚えるときに、自分でゲームを作ってみたいという動機は役に立つことがある

 

自分でゲームを作ってみたいという動機で、プログラムを始めると、あっという間に身につきやすい。

 

なぜなら、自分がやりたくてやっていることなので、いろいろ調べたり、構築したり、試したりすることが苦ではなくなるから。

そして、物事というのは、いろいろ調べたり、構築したり、試したりすることで上達すると思う。

 

だから、自分でゲームを作ってみたいからプログラムを始めるのは、悪い動機とは限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay