zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

顧客第一主義というのは、ポーズか、幼稚な妄想かどちらか

f:id:zakkinoblog:20210623132901j:plain

 

まず従業員を第一に考えないといけない

 

顧客は第二以降でいい。

 

なぜなら、従業員を第一に考えないことは、人として問題があるから。

 

企業の価値は従業員が作り出すものという部分もあるけど。

ただし、あくまで、こっちはおまけ。

 

従業員を第一に考えない企業は、一時的によくなっても長期的にはゆっくりゆっくり衰退していく

 

そのようなことは、けっこうある。

 

一時的にはよくなることもあるというのがミソ。

結構、この「一時的」の部分を見落としている人が多い。

 

そのような会社からは、優秀な人からいなくなる

 

大変よくあるパターン。

 

さらに、残った優秀ではない人も、疲弊していくためパフォーマンスが下がり続ける。

 

さらに、経営者の人間性に問題があるとなると、会社としての信用もなくなっていく

 

おそらく、そのようなことも衰退する原因だとは思う。

 

信用がなくなれば、会社はおしまい。

 

強力なブランド力などがある場合は、立て直せる可能性があるかもしれないけど、

たいていの会社にはそれがないので、たいていはおしまい。

 

適切なバランス

 

あと企業のオーナーは株主なので、株主を軽視することも間違っている。

逆に、株主を優遇しすぎることも問題がある。

 

順番をつけないでバランスをとるのが重要。

しいて言うなら、従業員、株主、顧客の順番でいいのではないかと思う。

 

役員は、このどれでもない。

だからこそ、客観的に見ることができるはず。

上手に、バランスをとるのが正解。

 

慣習にとらわれて、ここを客観的に見れていない経営者

 

そのような人は、ただ単にスキルが低いだけ。

 

ただ、このことはトレーニングで身についていくと思う。

 

とにかく、

 

顧客第一主義というのは、ポーズか、幼稚な妄想かどちらかということ。

 

ただし、

 

顧客を第一に考えるのではなく、

顧客にとって有益なサービスを模索すること自体は、普通のことなので、誤解なきように。

 

第一に考えることが間違っているということ。

 

世間では、ここが結構ミックスされてしまっている。

認識がとても不完全ということ。

ただ、すぐに身につく程度のことだと思う。

 

本来にならば、

 

こんなことは、当たり前のことなんだけど、わけがわからなくなってしまっている人が、多くなってしまったということ。

 

なぜなら、耳障りのいいウソは広まりやすいから。

 

ただし、誤解されると思うので補足

 

この説明を読んで、

従業員を大切に大切にするという勘違いをする人がいると思う。

 

そういう意味ではなくて、

適切に対処する必要があるということ。

 

この2つは全く違うことなんだけど、違いが判らない人は、ちょっとまずい状態なので、気を付けたほうがいいと思う。

なぜなら、現実が見えていないから。

 

そのような人は、できれば、経営者にはならないほうがいいと思う。

 

 

 


画像提供元: いらすとや