zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

デモトレードの勧め

f:id:zakkinoblog:20210621192843j:plain

 

デモトレードから始めたほうがいい一番簡単な説明

 

すぐに結果が出せるのは、ごく一部の天才だけ。

 

普通は、結果が出るまで時間がかかる。

 

つまり、たいていの人は、結果が出るまで、時間がかかる。

そして、その間損をし続ける。

 

それなら、安定して結果が出るまでは、デモトレードだけすればいいのではないだろうか。

そうすれば、技術が身につくまでの損をすべてスルーできる。

 

相場というのはレバレッジがきく仕事

 

つまり、リスクに対してもレバレッジがきく。

 

だから、技術が身につくまでは何もしないほうがいい。

 

相場で、絶対に損をしない方法が1つだけあって、それは

 

デモトレードだけをすること。

 

だから、技術が身につくまではデモトレードだけをしたほうがいい。

 

情報発信者でも、デモトレードを勧める人以外は信用しないほうが無難

 

技術が身につくまでは、デモトレードだけやっていろと言ってくれる人が本物である可能性が高い。

 

結果の出ているトレーダーは、基本的にはデモトレードで技術が身についてからのエントリーを勧めている。

もちろん、例外もいるけど。

 

その際、デモトレードでは本番のトレードとできるだけ同じ状態でやらないといけない

 

ここが結構重要だけど、見落とされがちなこと。

 

最大限、実際のトレードと条件を同じにしたほうがいい。

 

条件が違うと、実際にエントリーする状態での確認ができなくなる。

そのため、役に立たないデモトレードになってしまう危険性が高い。

 

株の場合は、デモトレードがないので、

 

エクセルでまとめるとか、djangosqliteとかを使い自分用のツールを作るしかない。

 

監視銘柄が多い場合は、エクセルでまとめるのは結構きついので、コードが描ける人は、思い切って自分用の簡素なツールを作るほうがおすすめ。

 

デモトレードでうまくいけば、本番トレードでうまくいく保証はないけど、間違いなく言えることは、

 

デモトレードでうまくいかない人は、本番トレードでもうまくいくわけがないということだけ。

 

そもそも、トレードというのはいろいろ種類があって、自分に合った手法じゃないとうまくいかない

 

自分に合った手法を見つける前に、実際のトレードをするのは無理があると思う。

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

デモトレードでは、いろいろ試したほうがいい + α

 

 デモトレードだと、いろいろ試せる。

それによって、意外と役に立つ手法や、本当は役に立たない手法が確認できる。

 

役に立つ手法は、実際のトレードで利用できるように、仕上げればいい。

 

ここからが重要で、

このトレードを実際のエントリーに見立てた状態で、試さないといけない。

そして、継続的に利益が出ることを確認しないといけない。

 

運用はそのあと。

 

 

 

画像提供元: Pixabay