zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

日本とアメリカのITサービスの違い

f:id:zakkinoblog:20210927163737p:plain

 

 

日本とアメリカのITサービスの違い

 

日本のITサービスは、必要ないことをきっちりと作る。

アメリカのITサービスは、必要なことだけをきっちりと作る。

 

ITサービスというのは、必要ないことを作ってしまうと、それが足を引っ張ることになる。

なぜなら、システムは、機能を少しでも追加してしまうと、その機能のためのメンテナンスコストが増え、本当に必要な機能を追加するための邪魔になってしまうから。

 

システム開発をしてきた人は、誰でも知っていることだと思う。

 

ただ、この失敗を、日本のITサービスはよくしてしまう。

 

アメリカの国民性のため結果的にうまくいっているのか、意図的に最適解を重視しているかは不明だけど、アメリカのITサービスは、この取捨選択がうまい。

 

 

日本に必要なのは、多分慣れだと思う

 

日本のITサービスが、この辺が下手なのは、おそらく、慣れのせいだと思う。

 

この辺は、実務経験や、ユーザー経験などで、慣れていくことで、少しづつ分かっていくと思う。

 

 

そもそも、物事をシンプルにすることは、日本の十八番だったはず

 

アメリカは、1970年代や、1980年代に、日本のシンプルにする考えを学んでいた。

そして、そのことは、いろいろな形で、アメリカで花開いた。

と思う。

 

つまり、日本のほうが、本来は有利だったのだけど、上手くそれを活かせていないだけ。

 

なぜそうなのかというと、地合いの問題もあるし、ファッションの問題もあって、いろいろややこしいだけ。

 

要領よくやって、日本のポテンシャルを発揮するだけで、十分すぎる結果が出るはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: いらすとや