zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

必要なことは「努力」ではなく、「適正」と「適切なトレーニング」

f:id:zakkinoblog:20210621164611p:plain

 

努力という言葉が厄介なものになってしまっているというのを、論理的にわかりやすく解説する。

 

必要なことは「努力」ではなく、「適正」と「適切なトレーニング」。

 

人はやりたいことや、好きなことや、適性があることなら、楽しくこなせてしまうもの

 

例えば、一流のスポーツ選手が努力をしてきたかというと、それは努力というのだろうか。

努力というより、やりたいことや、好きなことをやってきただけと言うだろう。

 

やりたいことや、好きなことを、ただやっていただけの状態を努力といえるだろうか。

努力という言葉のニュアンスには当てはまらない。

 

そうなると、努力というのはどういう意味なのかとなってくる

 

つまり、努力というのは、

 

適性もなく、好きでもなく、やりたくもなく、やる意味のないことを一生懸命やること

 

になってしまっている。

 

たいていの人は、努力という言葉を、なんとなく、そのようなニュアンスで認識している。

 

さらに、そのようなことを、計画性もなく、思考停止して行うことというニュアンスも含んでいる。

 

努力というのは、とても非効率的な生き方を表す言葉になっている。

 

さらに、それを他人に強要するための言葉になっている。

 

この手の言葉は、だいたい、こんな感じに変異していくもの

 

例えば、「お前」や「貴様」は昔は謙譲語だった。

 

「努力」も将来的には、全然別の意味で使われるのかもしれない 。

 

努力というのは不要と言っている人

 

努力というのは不要と言っている人の真意は、おそらくは、そのような意味だと思う。

 

たいていの人は、この言葉自体に、すでに何の価値もなくなっていることを、無意識的に認識しながら、意識的には明確な認識ができないまま、使っている状態だけど、感性が高い人は、このことに気づいているということだと思う。

 

さらに、努力と結果に対する事実

 

一流のスポーツ選手は、努力によって一流になれたのだろうか。

 

もちろん、答えは No。

 

一流のスポーツ選手が、一流になれたのは、その適性があったから。

だから、努力と結果は全然関係がない。

一番影響があるのは適性。

 

この事実は、決してネガティブなことではない。

それならそうと、適性があることを選べばいいだけのこと。

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

正確に言うと、

 

適性がある人が適切なトレーニングをしたことで、結果が出た、

 

だけど。

 

つまり、結果に結びつくのは、努力ではなく、

「適正」と「適切なトレーニング」。

 

ついでに補足

 

努力というのは、生まれつき恵まれている人の娯楽のようなもののはず。

 

なぜなら、上記の説明の通りだったら、努力とはそのような位置づけにしかならないから。

 

娯楽というのは、消費である以上、何の結果も生まなくていいので。

 

 

つまり、

 

努力という言葉には、かなり妄想が含まれているということ。

 

そのため、妄想上で生きていたい人にとっては、とても都合のいい言葉になっているだけ。

 

 

成功者の話の補足

 

成功者の話というのは、厄介なことのほうが多い。

 

成功者の中には、努力を肯定する人も否定する人もいる。

 

肯定する人が言っている努力というのは、「適正」と「適切なトレーニング」のこと。

否定する人が言っている努力というのは、価値がなくなってきている「努力」という言葉やそれに伴う無駄な行動のこと。

 

成功者の話というのは影響が大きいため、正確に伝えないと、誤解する人が多いので、気を付けたほうがいいと思う。

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay