zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

エリオット波動には、重大な誤解があるかもしれない

f:id:zakkinoblog:20210713174647p:plain

 

 

最初に

 

この記事も、あくまで、仮説なので、軽い読み物程度に見ておいてください。

 

 

エリオット波動には、重大な誤解があるかもしれない

 

ご存知の通り、エリオット波動は、上昇5波、下降3波でできている。

 

つまり、上下をワンセットで考えると、上昇は、3回の波、下降は、2回の波でできている。

(正確には、2.5回の波と、1.5回の波だけど。)

 

ただ、相場というのは、自然現象のはず。

 

その自然現象であるはずの相場の動きで、上昇と下降に違いがあるだろうか。

 

普通に考えたら、ないはず。

 

そのためなのかはわからないけど、エリオット波動というのは、使えるような使えないような、わけのわからない感じになってしまう。

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

こちらの、先生は、上昇も下降も、「上昇5波」と想定している。

つまり、上下をワンセットで考えると、3回の波。(正確には、2.5回の波)

 

そして、この方法でチャートを見ると、驚くほどぴったりとあてはまる場面が多い。

 

もしかしたら、これは相場における、何らかの発見なのかもしれない。

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

当ブログでも、この記事の通り、チャートは、3回の波(正確には2.5回の波)のフラクタル構造と推測しているし、結構うまくあてはまる感じがする。

 

つまり、エリオット波動には、重大な誤解があるかもしれない。

 

エリオット波動は、本当は、上昇5波、下降5波でできているかもしれない。

つまり、上下をワンセットで考えると、上昇は、3回の波(正確には2.5回の波)、下降は、3回の波(正確には2.5回の波)でできているかもしれない。

 

それが、崩れているせいで、わかりにくくなっているだけかもしれない。

 

 

エリオット波動の原則というのは、あくまで妄想

 

ついでに、エリオット波動の、わけのわからない原則についての解説。

原則の詳細は、関連記事参照。

 

 

エリオット波動には、わけのわからない原則が作られている。

ただ、現実の相場は、有機的なものである以上、そんな杓子定規では動くことはない。

だから、現実の相場の値動きとは、まったく一致しない原則が作られている。

 

この辺の、変な原則は、基本的には、全く役に立たないと思っておいたほうがいい。

あくまで、昔の人が、適当に定義しただけのことであり、現実とは別ということ。

頭脳労働ごっこみたいになっちゃっている。

 

さらに言うと、確か、エリオット波動を提唱した人は、相場で、エリオット波動を使って破産していたはず。

ということで、大前提として、杓子定規なエリオット波動は、全然あてにはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

www.oanda.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay