zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

投資をする場合に、企業を見る上で何を見るべきだろうか

f:id:zakkinoblog:20210623132901j:plain

 

 

投資をする場合に、企業を見る上で何を見るべきだろうか

 

投資をする場合に、企業をどのように見るべきか、まとめた。

 

 

 

売り上げが毎年上がっている企業

 

会社自体が上昇トレンドなので、シンプルに、上昇トレンドに乗れば結果が出る確率は高い。

 

当然ながら、どのような会社かよくわからない状態で、売り上げだけで判断する場合は、上昇トレンドが終わったらクローズする必要はある。

 

自己資本比率が高い企業

 

同業他社より、自己資本比率が高い企業は、経営が健全である可能性が高い。

 

つまり、業界に危機的状況があっても、比較的、大丈夫である可能性が高い。

 

ただし、ただ単に、自己資本比率が高いだけの会社は省かないといけない。

 

あくまで、社会において企業の価値が高いうえで、自己資本比率が高い場合のみ。

 

「危機的状況なんて、いつくるのか」と思う人もいると思う。

実は、危機的状況というのは、意外とあっさり訪れる。

慣れてくると、この「意外とあっさり」も分かってくると思う。

ようするに、慣れ。

 

その会社が、どのような会社かわかっている企業

 

この場合は、説明が難しいので、具体例をあげる。

 

確か、黎明期のアマゾンは、財務状態に問題があったはず。

 

ただ、アマゾンを黎明期から利用していて、将来性に気づいていて、ジェフ・ベゾスがどのような経営者か知っていたら、かなりの確度で、将来の予想が立つはず。

 

そのような会社のこと。

 

会社四季報

 

売り上げの増加や、自己資本比率は、会社四季報を見れば、すぐわかる。

 

マーケットスピード2でも、簡単に会社四季報がみれるので、とてもおすすめ。

 

会社四季報以外

 

その会社がどのような企業なのかは、会社四季報よりも、実体験のほうが分かりやすい。

 

自分の詳しいことや、利用して便利だと感じたことや、利用して価値が高いと感じたこと。

その辺が、足掛かりになりやすいと思う。

 

経営者について調べる

 

個人では、結構難しいかもしれない。

適当にネットの情報をあたるとかしかなさそう。

 

運がいい人は、その辺の情報も手に入るかもしれない程度。

 

情報は、ひょんなことから手に入る場合も多い。

 

テクニカル

 

この記事の内容は、あくまで、ファンダメンタル的な視点のほう。

 

ただ、テクニカル的な視点もあったほうが、効率的な結果が出せやすいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: いらすとや