zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

環境が結果に与える恐ろしい影響

 

 

環境が結果に与える恐ろしい影響

 

まず、人が、物事を身につけるときには、このような過程を経る。

 

  1. いろいろ試しながら、確認を増やしていく。
  2. 確認がある程度たまっていくと、比較的安定する。
  3. さらに、確認がたまっていくと、とても安定する。

 

何かに気づく人がいるかもしれない。

 

例えば、企業があったとする

 

A社は、新入社員に環境を与える。

B社は、新入社員に環境を与えない。

 

A社は、環境で確認を増やすことになる。

B社は、実務で確認を増やすことになる。

 

どっちが有利な結果になると思うだろうか

 

もしかしたら、場合によっては、B社だと思う人もいるかもしれない。

 

「B社は、実務で確認を増やすことになる。」

 

これが、ポイント。

 

実務で確認を増やすと、何が起こるだろうか。

実務で、致命的な失敗をすることが起こる。

そして、それは億単位の損失になることがある。

 

それが、積み重なっていくと、企業はどんどん疲弊していく。

 

シンプルな現実

 

このシンプルな現実に、なぜか気づけていない人が、世の中には多いように思える。

 

おそらくは、そのような人は、なんらかの妄想に囚われているだけだと思う。

だから、そのような間違った思い込みは、妄想であることに気づきさえすれば、直せないことではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay