zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

一覧で表示する
Twitterで、記事の更新をお知らせします。 Twitterのフォローや拡散をよろしくお願いします。 コメントは、記事ごとのTweetまで。 https://twitter.com/zakkinoblog

全ての失敗に意味があるという言葉は結構問題がある

f:id:zakkinoblog:20210621164611p:plain

 

 

全ての失敗に意味があるという言葉は結構問題がある

 

なぜなら、失敗した時に、思考停止して改善しないで、同じ失敗を延々と繰り返してしまう人が多いから。

 

大部分の人はそうだと思う。

 

全ての失敗に意味があるという言葉は、現実的には、思考停止の言い訳に使われてしまっていることがほとんどだと思う 。

 

もともとの意味と思われること

 

もともとの意味は、失敗したことで、この方法はだめだから、別の方法を試すようになることで、知見が高まるという意味だと思う。

 

例えば、エジソン白熱電球を作るときに、芯にする素材をいろいろ試していった過程は、当然ながら、正解にたどり着くまではすべて失敗となる。

 

ただ、この種の失敗と、何の意味も価値もない失敗をごちゃごちゃにしてしまっている。

 

影響

 

どうでもいいことと思う人もいるかもしれないけど、現実的に結構問題が出ている。

 

この言葉があると自己改善をしない人が増えていくため、少しづつ少しづつ衰退していく。

少しづつ少しづつ衰退して、少しづつ少しづつ苦しい人生になっている人は、このような状況になっていることが多い。

 

現実

 

誰かが何とかしてくれるということはめったにないんだから、結局、自分で何とかするしかない

ということを、まるっと忘れて生きてしまっている。

 

つまり、現実ではなく妄想で生きているのだけど、ずっとそれに気づいていない。

 

ある種の無間地獄みたいな状態。

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay