zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

人は、見た目ではなく、見せ方

f:id:zakkinoblog:20210621164611p:plain



 

人は、見た目ではなく、見せ方

 

実は、人というのは、見た目自体には、そこまでの大差はない。

 

重要なことは見せ方。

 

さらに、その見せ方にも、共通する部分もある一方で、適性による違いというものもある。

 

共通する部分

 

だから、見せ方のコツだけ身につければいいだけ。

とても、単純な話。

 

さらに、お金をかければいいというわけではなく、

安い、シンプルな素材のほうが、心地よく感じさせることのほうが多い。

 

適性による違い

 

適性による違いの結果、このようなことも起こる。

 

AさんとBさんがいたとする。

 

Aさんが、とある格好をすると、いい印象になるとしても、Bさんが、同じことをすると、不気味な印象になる場合がある。

 

逆に、Bさんが、とある格好をすると、いい印象になるとしても、Aさんが、同じことをすると、不気味な印象になる場合もある。

 

自分の適性に合った見せ方をしたほうが、いい印象を与えることができる。

 

みんなセットで失敗する

 

なんらかのファッションが、社会や、自分の身内で流行っていたとする。

 

ただ、それが客観的にみたら、失敗した見せ方だったとする。

 

そうなると、みんなセットで失敗することになる。

 

客観的にみて、見せ方がいいか悪いかは、自分で判断できると思う。

 

だから、この失敗セットに含まれないようにしておいたほうが、お得だと思う。

 

明らかに、それは違うだろう、という状態は、やっぱり違うということ。

具体例を出すのは控えるけど。

 

見せ方を工夫しないという工夫もある

 

世の中には、自分の見せ方が分かっていない人や、それが極端に下手な人もいる。

 

その場合は、何もしないほうがまだましな場合がある。

 

つまり、見せ方を工夫しないという工夫もある。

 

見せ方と適性と対処方法

 

ここは、自分の見せ方が下手な人への説明。

 

 

他の人にとって正しい見せ方が、あなたにとって正しいとは限らない。

まず、大前提で、このことを知っておかないといけない。

 

 

なぜなら、人には個体差があるから。

 

そして、個体差を上手くしのいで見せ方を工夫している人が、見せ方が上手な人というだけ。

 

つまり、あなたの個体差に近くて、見せ方が上手い人を、上手にまねる方法もなくはないということ。

 

見せ方には、適性を常に考慮する必要がある。

杓子定規では、決めることは不可能。

 

 

さらに、この場合は、上記のように、見せ方を工夫しないほうがいい場合も多い。

 

さらに、この現実から、もう一つの問題が見えてくると思う

 

もし、見せ方を教える人が、この個体差の知識を知らなかったらどうなるだろうか。

 

このような人による弊害というのは、世の中では、普通に起きている。

 

ようするに、そのような人からの被害を避けるためには、自分で判断できるようにならないといけないし、自分で適切な対処をするしかない。

 

形式を優先して、現実を見ない人ほど、この失敗をすると思う。

 

つまり、他人に、見せ方を強制するのもよくないということ。

そもそも、このような知識があれば、それはしてはいけないということくらいは、気づけるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay