zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

損切り、という考え方

 

 

損切り、という考え方

 

これは、相場初心者や、相場に対する感覚に対して、とっかかりがつかめていない人向けの話。

 

知っている人にとっては、当たり前のこと。

 

ただ、わからない人はわからないことなんだけど、とても重要な話なのでまとめた。

 

 

相場というのは、全ての取引で、結果を出す必要がない

 

初心者は、なんのこっちゃわからない人もいれば、この時点でピンと来た人もいると思う。

 

 

相場では、トータルでプラスになればいい。

 

エントリーして、それが失敗だった時は、損失が小さいうちに、クローズする。

そして、エントリーして、上手くいったときには、利益を伸ばす。

 

そうなると、どうなるだろうか。

トータルで、プラスになる。

 

 

この考え方が、有効に機能するためには、条件があることに気づくだろうか

 

それは、3つある。

 

一つは、そのエントリーポイントに対して、根拠があるか。

もう一つは、損失が出た時の、クローズする理由に、根拠があるか。

最後の一つは、エントリーが成功した時の、利益確定ポイントに根拠があるか。

 

とにかく、この根拠を、見つけていく仕事。

そして、その根拠に基づいて、動くことが必要な仕事。

 

 

こう考えると、さらにわかりやすいかも

 

損切りは、事業を行う上での経費みたいなものと考える。

そして、相場での利益が、事業を行う上での利益みたいなものと考える。

 

経費より、利益が多ければ、資産が増え続ける。

 

それを、ずっと行っていくだけ。

 

つまり、それ相応のスキルは必要。

 

そして、投資家やトレーダーのしている仕事とは、強い値動きに合わせるだけ。

それ以外は、特に何もしていない仕事。

そこに、利益と経費がくっついてきているだけにすぎない。

経費を小さくすることもできるし、大きくすることもできる。

 

あくまで、事業のようにトータルで見る視点が必要ということ。

 

 

損切り、というのはいろいろ種類がある

 

それは、

 

値動きを読み違えた場合と、

 

タイミングが難しい値動きを取りに行った時に、タイミングが合わなかったとき。

 

つまり、いずれにしても、損切りは、ただ単に、損を切るだけではなく、ちゃんと根拠がある。

 

 

損切ができない人は、優位性のある手法を使っていないのではないだろうか

 

なぜなら、優位性がある手法を使っていれば、損切しても、トータルでプラスになることを知っているから。

 

それなのに、損切できないのは、優位性がある手法を使っていない危険性がある。

 

優位性がある手法を使っていないのであれば、トータルで利益になるわけないから、今すぐ、トレードを中止したほうが賢明だと思う。

 

 

なぜ、そう思ったのかというと、

損切ができない人が、「このポジションを損切した後に、トータルでプラスになる保証がない」と言っていたのが印象的だったから。

 

優位性がある手法を使っている限り、トータルでは、プラスになることは知っているはず。

つまり、この言葉が出てくる時点で、優位性のある手法になっていないのかもしれないと思った。

 

 

エントリーというのは、この状況では、こうなれば利益を伸ばせるという想定でエントリーする。

そして、そのエントリーが間違っている場合もある。

間違っているいる場合は、損切りしてクローズし、

あっていた場合は、利益を伸ばしてからクローズする。

 

そして、それに対して、正確ではないけど、大まかな、確率的なものは、慣れると傾向として分かってくる。

そうなると、上記のエントリーを繰り返すだけで、利益になるか、損失になるかは、おのずと分かってくる。

そして、トレーダーは、出来る限り、利益になるほうだけを、選んで、淡々と継続するだけ。

 

損切ができない人は、もしかすると、ここまでの流れが出来上がっていないのかもしれない。

 

 

トレードはあくまで、特殊技能なので、スキルを身につけないとどうにもならない。

 

正確には、

スキルを身につけないとどうにもならないではなく、

スキルを身につけないと運否天賦になる。

 

 

損切できない人は、トレードをバラバラのパーツであることを認識できていないかも

 

上記でも説明した通り、投資の結果というのは、沢山の別々のトレードのサマリーでしかないということ。

 

あくまで、全体でプラスになればいいだけ。

 

つまり、トレードのひとつひとつには、大した意味がない。

 

あくまで、集合としてとらえないといけない。

 

そうなると、上記の通り、利益と経費と考えるのが、一番、把握しやすい例えだと思う。

利益より経費が大きければ赤字になるけど、それはスキルが低いからしょうがない。

その場合は、スキルを身につければいいだけ。

経費より利益が大きければ、資産が増えていくだけに過ぎない。

ということ。

 

トレードは、運否天賦ではなく、あくまで、特殊技能を使った事業のようなもの。

損切ができない人は、大前提として、そのことに気づいていないのかも。

 

 

損切できない人の症状

 

トータルの結果ではなく、それぞれの形式を優先していないだろうか。

 

どのくらい増えて、どのくらい減ったかではなく、

増えたという形か、減ったという形を優先していないだろうか。

 

 

損切をしないことは損

 

エントリーした時点で、利益になるか損失になるか、どちらかになるということは確定している状態。

つまり、どちらの可能性も、当たり前のこと。

まず、これが大前提にある。

プラスにせよ、マイナスにせよ、結果が出ること自体は確定している。

つまり、エントリーからクローズまでが、一つの塊として形成されている状態。

それが、投資における、いちトレードの状態。

 

利益が出るか、損失が出るか、どちらかになるということは、プロセスという意味においては、すでに確定している。

 

何となく、ニュアンスは伝わっただろうか。

 

その、いちトレードという塊において、損失を拡大させる行為が、損切をしないということ。

損切をしないことは、そのいちトレードという塊において、損失を拡大させる行為である以上、投資全体においては、やらないほうがいい。

そして、損切は、損失を最小限に抑える行為。

 

だから、損切しないほうが損。

 

 

もう一つの損がある

 

例えば、損切しないで、株を持ち続けて、1年後に、価格が戻ってきたとする。

価格が戻ってきたときに、安心してクローズしたとする。

 

そうなると、どうなっただろうか。

 

損切しないポジションで利用している資金が、1年間拘束されていたことになる。

 

このように、資金の運用という観点でも、損切しないということは、絶対にしてはいけない。

 

 

おまけに、損切しないで、株を持ち続けて、1年後に、価格がさらに下がることも、当然ながらあり得る。

 

 

さらに、もう一つ損がある

 

まだあるのか、と思う人もいると思うけど、まだある。

 

 

例えば、損切しないで、株を持ち続けて、1年後に、価格が戻ってきたとする。

価格が戻ってきたときに、安心してクローズしたとする。

 

この場合、実は、さらにもう一つの損が発生している。

 

それは、あらかじめ損切しておいてから、低い価格で買いなおしたほうが、上記と同じ状況では利益が出せるから。

 

 

おまけに、損切しないで、株を持ち続けて、1年後に、価格がさらに下がることも、当然ながらあり得る。

その場合も、損切していれば、その損失は全く存在しなくなる。

 

 

損切りをしないと2つの損が同時に発生することもある

 

まだあるのかと思う人も多いと思うけど、まだある。

 

 

これは、買いエントリーと売りエントリーの両方をする人の場合。

買いポジションのみの人の場合は、直接的には関係ない話。

 

 

例えば、このような値動きがあったとする。

ちょっとだけ、上昇してから、直後に、大きく下降し続ける。

この時に、上昇の部分で、買いでエントリーしたとする。

 

この場合に、損切りしないで、さらに売りポジションも持たずに、完全に放置するとどうなるだろうか。

 

買いポジションの損失が膨らむ。

 

ただ、損失はそれだけじゃない。

 

実は、もう一つの損が発生していて、それは、

売りポジションの利益を失っている。

 

利益を出せないことは、損失と同義

 

上記の「売りポジションの利益を失っている状態が、損失と同じ」の部分が気になる人もいるかもしれないので、この部分も説明。

 

 

上記の通り、投資は、トータルで利益を出さないといけない。

その状況で、利益が出せるところで利益が出せないことは、何を意味するか分かると思う。

 

それは、利益を取りそこなったのではなく、損失に近い状態。

 

分かりにくいと思うので、表現を変えるならば、

これは、将来の損失に対するバッファーを得られない状態。

 

実は、利益を取りそこなっただけでは済まない、非常に危険な状態だとわかると思う。

 

投資全体において、利益が出せるところで利益が出せないことは、非常に危険ということ。

 

 

投資の判断を間違えるのは、当たり前のこと

 

あなたは、投資の判断を100%成功させることができますか?

 

もちろん、答えはNoだろう。

 

つまり、投資の判断を間違えることは、当たり前であることを、あなたは知っているはず。

 

だったら、判断を間違えた時は、損失が小さいときにクローズするのは、その「当たり前のこと」に対する、当然の対応ではないだろうか。

 

そして、その投資の判断が、トータルで利益にならないほど精度が低い場合は、実際のトレードを中断して、デモトレードに移行してから、スキルを蓄えておけばいいだけなのではないだろうか。

そこに、何か難しいことがあっただろうか。

 

 

損切は、間違ったポジションの損失が一番小さいときに、ポジションをクローズすること

 

この表現のほうが、ピンと来るかも。

 

これで損切が合理的な判断だとわかると思う。

 

そして、相場では、この状態が、普通の感覚じゃないとまずいだけ。

 

 

例え

 

損切しないのは、三振してもバッターボックスに立ち続けている状態。

 

テニスだったら、ボールを当てられなくて空振りしたのに、ボールを拾いに行くこともせず、ラケットを振り続けている状態。

 

何をしたいのかよくわからない人。

 

おそらく、このような状態を、努力、だと言ってくれる人もいると思う。

 

つまり、そういう意味での、努力、を怠らない人。

 

 

この視点で見るのも面白いかもしれない

 

例えば、

エントリーして利益が出たとする。

そして、利益確定ポイントが来たとする。

それなのにポジションをクローズしなかったとする。

 

この行為は、損切できないことに似ていないだろうか。

 

さらに翻訳するとこうなる。

 

根拠があったのでエントリーして利益が出た。

そして、根拠がある利益確定ポイントが来た。

それなのにポジションをクローズしなかった。

 

何がしたいのかがよくわからない人になってしまう。

 

損切ができないことは、これに近い状態。

 

この後にこうなる。

 

エントリーして利益が出たとする。

そして、利益確定ポイントが来たとする。

それなのにポジションをクローズしなかったとする。

その結果、利益がなくなっていたとする。

 

つまり、この人は、投資はしないほうがいい人だったのではないだろうか。

 

さらに、この続きもあると思う。

 

エントリーして利益が出たとする。

そして、利益確定ポイントが来たとする。

それなのにポジションをクローズしなかったとする。

その結果、利益がなくなっていたとする。

そして、損失がかさんでいくとする。

 

つまり、この人は、決して投資はしないほうがいい人だったのではないだろうか。

 

 

ただし、このパターンもある。

 

エントリーして利益が出たとする。

そして、利益確定ポイントが来たとする。

それなのにポジションをクローズしなかったとする。

その結果、利益がなくなっていたとする。

そして、損失がかさんでいくとする。

その後、価格が戻って利益が出る。

 

これが、運否天賦。

つまり、結果が出る可能性はあるけど、再現性はない。

つまり、再現性がないということは、目的を持ってはいけない状態。

 

 

そして、この場合は、正しい。

 

エントリーして利益が出たとする。

そして、価格が上昇してきた。

根拠があるためクローズしない。

そして、利益がなくなっていたとする。

根拠があるためクローズしない。

そして、損失がかさんでいくとする。

根拠があるためクローズしない。

 

この場合は、正しい。

ただし、この場合正しいのは、超優良株投資とかの場合のみ。

なぜなら、この場合の、根拠とは、超優良株は、超長期的にプラスになるという想定によるものだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

プロスペクト理論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay