zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

相場において、買いと売りのどちらがやりやすいか

 

 

最初に

 

買いと売りで、違いを考えすぎてしまうのは、よくないと思う。

 

中庸に、客観的に、見たほうがいい。

 

 

これは、そのうえで、あえて、どちらが比較的、やりやすいかという程度のお話。

 

 

あと、丁度いいやり方は人それぞれなので、それも要注意。

 

 

相場において、買いと売りのどちらがやりやすいか

 

やはり、売りのほうが、タイミングをとらえるのは簡単だと思う。

 

なぜなら、売りのタイミングは、買いの後にやってくるから。

 

 

つまり、売りの後に、必ず買いが来る銘柄であれば、買いでも、タイミングは取りやすい。

ただ、新興銘柄などは、買いが入ってから、売りが入り、その後値動きが収束する銘柄も多い。

そのため、全般的には、売りのほうがタイミングは取りやすくなる。

 

一気に上がって、ダラダラ下がるのが、新興銘柄。

さらに、ダラダラ下がった後に、また上がりだすかは、ファンダメンタルに影響される。

ただ、一気に上がるだけのポテンシャルがある銘柄であれば、再度上がる可能性が高いけど。

 

つまり、裏を返せば、プライム銘柄は、再上昇の可能性が高いので、比較的、買いエントリーを待ちやすい。

 

 

タイミングは取りやすいのは売りだけど

 

売りだと、最大でも0までにしかならない。

 

そのため、ロマンがあるのは、買いのほう。

 

上昇が強い銘柄の場合は、どこまでも、上がり続けるというロマンもある。

 

 

つまり

 

タイミングを取りやすいのは売り。

 

ロマンがあるのが買い。

 

 

ロマンとは、どう付き合えばいいのか

 

相場の基本の順張り。

 

 

タイミングとは、どう付き合えばいいのか

 

さらには、売りも順張り十分。

 

 

いずれにしても、

 

もちろん、相応のスキルがあるのが前提だけど。

 

相応のスキルがあったうえでの、順張りということ。

 

つまり、シンプルな意味での順張りではない。

詳しくは、後日、ある程度までは解説する予定。

 

 

プライマリートレンド

 

プライマリートレンドの逆側のエントリーは、買いであれ、売りであれ、難しい。

 

この場合は、基本的には、手を出さないほうが無難。

 

つまり、プライマリートレンドの方向であれば、どちらにしろ比較的簡単。

 

 

売りの特徴

 

つまり、下降トレンドだけど。

 

下降トレンドの特徴は、トレンドラインや平均線などで、どこまで下がるかのめどが立てやすいかもしれない。

 

さらに、群集心理の影響かわからないけど、値動きがとてもお行儀がいい。

大変わかりやすい動きになる。

 

 

買いの特徴

 

つまり、上昇トレンドだけど。

 

上昇トレンドは、タイミングも、上がり方も、比較的、情緒不安定な動きをする気がする。

気のせいかもしれないけど。

 

新高値で平均線が使えない状況もあるけど、トレンドラインは、使えることもある。

 

 

最後に

 

固定観念は、持たないほうがいいと思う。

 

実は、ちゃんと調べてみると、ほとんど大差ない可能性もあり得る。

 

固定観念を持つのではなく、自分で、現実の結果と突き合わせていくことが大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: PAKUTASO/ぱくたそ