zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

相場と自然現象

f:id:zakkinoblog:20210713180423j:plain

 

 

最初に

 

基礎的な説明はしていないので、それは、適当にネットをあさってください。

 

 

相場と自然現象

 

あまり気づいている人は多くないけど、相場というのは、実は、自然現象だったりもする。

 

自然現象と気づけない理由は、人の行動が絶対だという錯覚があるから。

実は、人の行動というのは、そこまで絶対的ではない。

驚くほど、相対的に動かされてしまっているのが現実。

そして、そのことに、気づけていない人と、多少は気づけている人がいるだけ。

 

人間も結局は、自然の中にいる以上、人間の行動は無意識的に、自然現象の影響を受けてしまう。

 

有機

 

相場は、自然現象である以上、当然ながら、有機的に動く。

 

相場で利用できる、自然現象を測るツール

 

一般的な、自然現象の影響を図るツールとして下記のようなものがある。

 

 

波の数

 

相場というのは、なぜか、3が多い。

正確に表現すると、3の波のフラクタル構造。

 

チャートをよく見ていくと、至る所に、この3が出てくる。

 

この、3というのは、もしかしたら、何らかの自然現象の影響なのかもしれない。

 

詳しくは関連記事参照。

 

ヘッドアンドショルダー、ダブルトップ

 

3の波のフラクタル構造であるということは、トレンド転換では、常に、ヘッドアンドショルダーが形成されるはず。

 

つまり、ダブルトップというのは、ヘッドアンドショルダーが崩れているため、そのように見えているだけなのかもしれない。

 

シングルトップは、上昇と下降の勢いが強すぎて、波がつぶされて見えなくなっているだけの状態かもしれない。

つまり、フラクタル構造になっている以上、パーツのようになってしまう単位の波は、シングルトップに見えてしまう可能性もある。

 

フィボナッチ・リトレースメント

 

チャートにフィボナッチ・リトレースメントを当てると、ぴったりと止まる場面があるのがわかる。

 

チャートは自然現象である以上、自然な場所であるフィボナッチに影響が出るのはわかる。

 

なんで、そうなるのかと問われると、それが自然現象だからだとしか言いようがない。

 

ただし、科学的に考えると、一つの波に対してだけの影響になるはず

 

例えば、上昇と下降のワンセットの波があるとしたら、上昇に対してフィボナッチ・リトレースメントが当てはまり、下降に対しても別のフィボナッチ・リトレースメントが当てはまるはず。

 

つまり、上昇のフィボナッチ・リトレースメントがそのまま下降の値動きの予想で使えるのは、完全なレンジの状態の動きだけの可能性がある。

 

実際に、フィボナッチ・リトレースメントを当ててみると、完全なレンジの時以外では、上昇のフィボナッチ・リトレースメントが下降ではあまり機能しないときが多い気がする。

そのような場合でも、下降は下降で、別のフィボナッチ・リトレースメントを当てると、ぴったり当てはまることが多い。

 

ようするに、フィボナッチ・リトレースメントは、片道でしか、本当は、機能していない可能性がある。

 

もちろん、この認識自体が間違っていて、上昇のフィボナッチ・リトレースメントが下降に対しても、何らかの理由で利用できる可能性もある。

 

実際に、どのような影響が起きているか確認する際

 

フィボナッチの影響を確認するときは、フィボナッチ・リトレースメントは、3本線ではなく、5本線で確認してみると、面白いことに気づくと思う。

 

相場が、フィボナッチにそって動いていることがよくわかると思う。

その結果、当ブログが、相場が自然現象と推測しているのが納得してもらえると思う。

 

ただし、実際にエントリーで利用するのは、おのおの好きな本数でいいと思う。

 

理論上、利用できそうなか所

 

上記の通り、フィボナッチ・リトレースメントは、片道でしか利用できない可能性が高い。

 

そうなると、

 

  • 完全なレンジの時の、戻りの値動きの目安にする。
  • 波が折り返していない状態で、フィボナッチ・リトレースメントを当てて、現在の波が、どの状態にあるのかの目安にする。
    このやり方は、完成していない波から推測するため、変な誤解をしている可能性も考慮する必要があると思うので、高度なやり方だと思う。お勧めはしない。どちらかと言えば、非推奨のやり方。

 

このくらいしか利用できないかもしれない。

 

フィボナッチ・エクステンション(フィボナッチ・エクスパンション)

 

こっちも、効くときはやたらと効く気がする。

 

この機能は、複数の波の、最初の波のフィボナッチを生成して、それを、2つ目の波に、拡張しながら当てはめている。

 

これの根拠は、複数続く波の、最初の波の影響が、その後の波にも表れると仮定して、フィボナッチ的に、影響がありそうな場所を推測するものだと思う。

科学的に考えると、フィボナッチ・リトレースメントよりは、若干、根拠に乏しいかもしれない。

 

1.618、2.618、3.618以外にも、1、2、3も表示しておいたほうがいいかも。

例えば、2回目の波の頂点が、1.618で、3回目の波の頂点が2ということも起こるので。

 

こっちは、フィボナッチ・リトレースメントと違って、完全なレンジ以外でも、何となく、機能している気がする。

なぜなら、当然のことだけど、片道で利用できるツールだから。

利益確定の目安にしたりするのは悪くないかもしれない。

 

ただ、マーケットスピード2では使えないので、

その場合は、別のツールを併用するか、併用するのが面倒だったら、利益確定のタイミングは、3回目の波にするとか工夫が必要。

 

または、フィボナッチ・リトレースメントを最初の波にあてて、あとは、手動でそれの位置を2つ目の波の始点にあわせて、少しづつずらしながら、手動でフィボナッチ・エクステンションをするという方法もあることはある。

 

フラクタル構造

 

フラクタル構造も、自然現象として、起こることなので、相場でも、当然ながら、起きるであろうことは予想がつくし、そのような場面も多い。

 

相場の、フラクタル構造については、詳しくは、関連記事参照。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

波の数の説明

フラクタル構造の説明

zakkinoblog.hatenablog.com

 

フィボナッチについて詳しくはこちらの先生。

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: PAKUTASO/ぱくたそ