zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

プログラマー35才定年説

f:id:zakkinoblog:20210621165155j:plain

 

プログラマー35才定年説ということは、IT界隈ではよく言われることなんだけど、

 

ちょっと問題があることがあって、

 

コードを書くのは、10年程度では、大して上達しない。

 

これが問題。

 

よっぽど研鑽している人であっても、10年ではそこそこしかならないし、研鑽しない人は、いまいちなコードしか書けない程度にしかなれない。

 

つまり、プログラマーが、35才で定年してしまうと、いつまでたっても、IT業界はお荷物を抱え続けることになる。

 

どういうことかというと、ようするに、下記のようになる。

 

コーティングの経験が10年未満の未熟な人ばかりが、コードを書くことになるため、

いつまでたっても、未熟なコードだけが量産され続けてしまい、

メンテナンスコストを大きくしてしまう状態に、

永遠になり続ける。

 

じゃあ、これは、なんのこっちゃという話になるのだけど、

 

特に大して意味はないことだと思う。

 

ただ、人には適性というものがあるので、コードを書くのが向いていない人は、35才と言わずに、任意の時期に、別の役職に移動したほうがいいかもしれない。

 

ただ、それだけのことだった。

 

ただし、この記事の前提条件

 

プログラマーという定義は、すごく曖昧なため、この記事自体が、たいして明確にはなりえないので、一応の、前提条件を示しておく。

 

この記事の前提条件として、

プログラマーというのは、

プログラムを作るだけじゃなくて、システム全体を一人で作ることができるような、一通り、ちゃんとした、製作ができる人のこと。

さらに、コーティングの研鑽を繰り返して、メンテナンス効率がいい、設計を追求し続けているような人。

 

つまり、世間ではSEというのかもしれないけど、SEとプログラマーの境は曖昧なので、どっちもプログラマーということにしておく。

 

 

 

 

 

 

 

 


画像提供元: いらすとや