zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

相場において、どっちつかずの値動きというのは怖い

f:id:zakkinoblog:20210621192843j:plain

 

 

相場において、どっちつかずの値動きというのは怖い

 

基本的には、ノーポジで、様子を見たほうがいい。

無視するのではなく、「様子を見る」。

 

そうすると、どっちかに、ぱぱっと動くことがあるので上手に乗っかる。

 

「上手に」というのがポイント。

 

なぜなら、いったん動いた後に、逆の方向に動くこともあるから。

 

自分を信じる必要はそもそもない

 

慣れてくると、チャートを見るだけで、どのように動くかは、環境認識と値動きにより何となくわかってくる。

「何となく」というのがポイント。

 

だから、自分を信じる必要はない。

 

過信というのは、信じる結果によって生まれる。

信じるは妄想であり、現実逃避。

だから、自分を信じなくていい。

 

値動きに慣れるということの、具体的なイメージの一つは、こんな感じ。

相場は、慣れてくると、崩落することはだんだんわかってくる。

ただ、崩落したとしても、相場というのは大きな流れの強い方向に結局動く。

そして、大きな流れの方向が、崩落と同じ方向だった時。

つまり、トレンド転換だった時には、大きな崩落となる。

そして、それを、チャートを見ながら慎重に判断し続けないといけない。

 

そんな時に、自分を信じる、つまり、現実逃避するとどうなるだろうか。

ということ。

 

見るべきは、妄想ではなく、現実のほう

 

つまり、

 

現実を、直視し続ければいいだけ、そして、そこに乗っかて行けばいいだけ。

 

それが、トレード。

 

スポーツに例えるのが、一番わかりやすいんだけど。

あなたに、得意なスポーツがあるとするなら、それと、似た感覚であると、そのうち気づいてくると思う。

スポーツは、妄想で行うものだろうか。

 

恐ろしい「どっちつかずの値動き」の具体例の一つ

 

値動きに慣れていない人は意味が分からないと思うけど、慣れている人は、何となくわかると思う。

他にも、恐ろしい場面はあるけど、これは、その一例。

 

 

チャートが、上昇して、そのあと、上に膨らむような形で、値動きが緩やかになったとする。

上に膨らむ曲線をキレイに描いてしまう場面。

そして、それが、横ばいになった状態。

 

いわゆる、あの状況。

あの恐ろしい状況。

 

この状況で、買いでエントリーしますか?

 

ということ。

 

他にも、危うい値動きはいろいろある。

 

 

慣れていない人向けに、答え合わせをすると、

この場合は、値動き次第では、さらに上昇する場面もあるけど、

直角に暴落する場合も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay