zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

ソシャゲの運用

f:id:zakkinoblog:20211004153727j:plain

 

 

ソシャゲの運用

 

仕事で、そこそこの規模のソシャゲの運用もしてたことがある。

 

いろいろ思う人もあると思うけど、ITの仕事をしていると、そのような案件に流れ着くこともある。

 

ユーザーはガチで誤解をする

 

その時に、ユーザーの間で、ガチャを裏で操作しているという噂が、既成事実のようになっていた。

 

結構、いろいろな、ソシャゲのアプリケーションのコードを見てきたけど、 

自分がかかわってきた範囲では、一ミリもそのようなことはなかった。

 

そのとき、ユーザーはガチで誤解をすることもあるんだなということが分かった。

 

もちろん、どっかの会社ではある可能性があるので、すべての会社でないことを保証するわけではないけど。

 

仕事としてのソシャゲの運用

 

ソシャゲに、悪い印象を持つ人も多いと思うけど、

あくまで、IT業界の一部に過ぎないので、ITエンジニアにとっては、単なる、いち仕事に過ぎないので、あまり、深く考えてもしょうがない。

 

エンジニアは、淡々と仕事をするだけなのでいいけど、カスタマーサポートは、結構大変みたいだった。

カスタマーサポートをするのは、結構覚悟がいるか、上手にあしらうような鈍感力が必要になるかもしれない。

 

現場のエンジニアはこんな感じ

 

エンジニアのほうも、自分の仕事に、あまりプライドがない人のほうが、ユーザーに何を言われようが、どうでもいいとなるので、自分の仕事に、あまりプライドがない人のほうが向いているかもしれない。

 

ちなみに、エンジニアの中では、ユーザーに何か言われても気にしている人は、一人もいなかったと思う。

エンジニアにとって、仕事の一つに過ぎないため、システム自体は、意外と他人事という感覚があるのかもしれない。

 

ソシャゲの運用とは、どんなものか

 

人それぞれだと思うけど、

個人的には、全然やりがいはないし、達成感も虚無感がある感じになるけど、面白いと言えば面白いかもしれない仕事。

 

面白半分で、ぼちぼちと参画する分には、いい経験になると思う。

 

エンジニアのキャリアパスとしては、全然無駄ではないどころか、負荷が高いサイトの運営という、いい経験がつめるチャンスでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: Pixabay