zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

トレードのトレーニング方法

f:id:zakkinoblog:20210826160520j:plain

 

 

最初に

 

トレードに慣れるためには、年期がいるため、とにかく気長にやるしかない。

 

もし、トレードで本気で利益を出していきたい人は、トレーニングだけは、早めに始めておいたほうが無難。

 

ある程度になるまでですら、想像以上に時間がかかる。

 

もちろん、この記事は、テクニカルでのトレードに適性がある人向けなので、そうじゃない人は、無視するか、適当な読み物として読めばいいと思う。

 

ファンダメンタルがあっている人の場合は、全く役に立たないと思うので、そこのところは要注意。やり方は自分の適性に合わせないといけないし、トレードをしないという選択肢ももちろんある。

そこは、すべて自由であり自己責任でもある。

 

トレードのトレーニング方法

 

ベタな方法としては、いくつかある。

 

 

横の練習

 

この練習方法の名称を知らないので、当ブログでは、「横の練習」と呼んでいる。

方向キーで、1つづつ、ローソク足を移動できるチャートを使い、チャートを、1つづつ移動しながら、エントリー、イグジットのシミュレーションをする方法。

 

そこそこ有名な、何人かの投機家も、このような練習をすすめている。

手っ取り早く、相場観をつかむのにはいいと思う。

自分の手法が、実際のチャートで、どの程度機能するかを、すばやく把握するときにも便利。

さらに、相場には、いろいろな種類があるため、いろいろな種類の相場を一通り体感するときにとても便利。

どのような場面で、どのような大きなリスクが起こるのかを確認したり、そのリスクに対しての、事前の正しい対処についても、想定できるようになってくる。つまり、資金をどのように配置しないと危険なことになるかの想定も、思いつくことができる。

 

平たく言えば、ForexTesterみたいなことを、手動で行うイメージ。

ForexTesterでも、いいかもしれないけど、ForexTesterが合わないと感じる人は、自分に合ったチャートツールで、手動で行うといいと思う。

 

具体的には、MarketSpeed2、TradingView、Investing.comなどは、方向キーでの移動に対応している。

MT4だと、一度に複数の足の移動をしてしまうので、この方法はできないみたい。

 

そして、これは、買い売り両方での練習、買いだけの練習、売りだけの練習を、それぞれ行ったほうがいい。

買いエントリーだけの人であっても、練習は売りもやっておいたほうがいい。

なぜなら、そのほうが、買いエントリーのリスクが明確になるから。

もちろん、売りエントリーだけの人も同様に、練習は買いもやっておいたほうがいい。

 

基本的には、買い売り両方での練習をすればいいと思う。

ただし、買いだけの練習、売りだけの練習によって、問題が浮き彫りになることが多いので、それもある程度はするほうがいいと思う。

 

ケーススタディ

 

とある投機家が推奨している方法。

詳しくは、関連記事参照。

 

 

すでに出来上がったチャートを見て、どの場面で、どのように判断するべきかを、シミュレーションする。

 

横の練習では、結構、感覚的になりがちだけど、この方法だと、エントリーポイントの根拠を論理的に把握しやすくなる。

ただし、場合によっては、変な思い込みができやすくなるので、そこは注意。

 

当然ながら、どのように行うかは、人によって異なる。

なぜなら、人によって手法が違うので。

 

つまり、自分の手法で使えそうなツールの検討も行うこととなる。

その過程で、調査していくうちに、自分にとって丁度いい、相場のパターンなども、見つけられると思う。

 

そうやって、根拠をひとつづつ積み上げていくイメージ。

 

注意事項としては、下手なバイアスを作らないように気を付けたほうがいいと思う。

 

デモトレード

 

たいていの、投機家は推奨する練習方法。

 

実際の、相場で、上記の練習の結果が通用するかの確認。

 

上記の練習とは、感覚は違うけど、本質的には同じことをするだけなので、最初はうまくいかなくても、そのうち慣れる。

だから、最初はうまくいかなくても、なんとなく続けたほうがいい。

慣れてくると、上記の練習と似たような結果が、まあまあ出てくることが分かると思う。

 

デモトレードの結果、上記の練習の、新しいヒントが見つかることも多い。

 

もし、デモトレードが上手くいかないときは、自分にとって、本当に合った状態に、たどり着いていない可能性がある。

その場合は、視野を少し広くしたほうがいいかもしれない。

ただ、基本的には、慣れていくことで、自然と、自分にとって、丁度いい状態に落ち着いていくと思う。

 

一番重要なことは、慣れることなので、あまり、焦らないほうが無難だと思う。

 

さらに、デモトレードでは、本番トレードとできる限り条件を同じにしておいたほうがいい。

ただし、当分、本番トレードに移行する予定がなく、いろいろ試してみたい場合は別。

 

その場合でも、本番トレードに移行する前には、できる限り条件を同じにしておく必要はある。

 

さらに、デモトレードを、新しい手法のテスト用に利用する方法もある。

 

デモトレードで、上手くいかない人

 

他の練習では上手くいくのに、デモトレードで、上手くいかない人へのコツは、

あまり真剣に取り組まないこと。

真剣になりすぎると、力んでしまい、他の練習の結果を、デモトレードに反映させることができない。

どれくらい、損が出せるか試す感覚で取り組んだほうがいいと思う。

 

あと、この力まないは、デモトレードだけじゃなく、他の練習でも同じことが言える。

 

練習では、いくらでも損を出していいので、気楽に取り組むのが大事。

さらに、そのほうが継続しやすい。

相場は、慣れが一番重要。

慣れが一番重要ということは、真剣になりすぎて、却って継続できなくなることが一番問題が大きい。

 

今取り組んでいるのは、あくまで、練習であることを思い出すことが肝要。

 

とにかく、気楽にやるのがコツ。

 

あと、当たり前のこと

 

横の練習や、ケーススタディでできないことは、デモトレードでもできないのは当たり前。

デモトレードをすることで、何か気づくことがある可能性はある。

ただ、横の練習や、ケーススタディでできないことは、基本的にはデモトレードでもできない。

 

つまり、横の練習や、ケーススタディでできないことが、デモトレードでできなくても、気にする必要がないということ。

そこは、スキルが自然と身につくまで、慣れていくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

ケーススタディについては詳しくはこちら

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

デモトレードについてはこちら

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

「気楽に」の部分は、こっちをみてもいいかも

 

zakkinoblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: PAKUTASO/ぱくたそ