zakkiのブログ

IT関連などの雑記のブログです

仕事が好きと言っている人のカラクリ

f:id:zakkinoblog:20210621170654j:plain

 

 

仕事が好きと言っている人のカラク

 

世の中には、本気で、仕事が好きと思っている人がいるので、現実を解説する。

 

仕事が好きという人は、仕事が好きなわけではない。

 

仕事が好きという人は、仕事で得られる報酬の多さが好きなだけ。

 

単純な、思考実験をすればわかる

 

例えば、大金を稼いでいる経営者がいたとする。

 

その人が、「仕事が好きだ」と言っていたとする。

 

もし、その人が、

資産がなくなり、

低賃金で、

狭い不便な家にしか住めず、

通勤時間が長くて疲弊する状態になるとする。

さらに、

その状態から、いつまでも抜け出せないと知っていたとする。

 

この場合、この人は、仕事が好きというだろうか。

 

100%言わないだろう。

 

つまり、そういうこと

 

仕事が好きな人が成功しているのではない。

 

現実は、収入が増えると、仕事が好きだと錯覚していくだけということ。

 

それ以外は何もない。

 

この手の話は、ちゃんと裏で働くカラクリを理解しておいたほうがいい。

 

成功者の中には、この心の動きを、正確には把握できていない人のほうが多いようにみえる。

 

あともう一つ

 

収入が増えると、環境が整えられる。

 

そうなれば、必然的に、仕事が好きな錯覚が増していく。

 

そうなると、

 

好きなことを仕事にするという考えも結構無理が大きい。

 

収入が低く、環境が悪いと、好きとは言えなくなっていくだろう。

 

好きなことというのは、快適な環境下でしか、好きとは言えなくなるのだろうと思う。

 

もう一つ簡単な立証

 

正確には、「立証」ではなく「立証かもしれない」ことだけど。

 

 

子供が好きな職業とは何だろうか。

 

それは、上位は全て収入が多い仕事になっているのが現実。

 

つまり、子供のころから、意識的にも、無意識的にも、お金が多くもらえる仕事が好きな気がしている状態。

 

こんな形でも、好きな仕事は、収入が多い仕事と立証できてしまう。

 

だから、

 

あなたは、おそらく、その仕事が好きなのではなく、その仕事で得られる報酬が好きなんだと思う。

 

誤解してほしくないのだけど、

別にそのことを責めているわけではない。

これは、普通のことなので、当たり前のことでしかない。

 

例外の可能性

 

現実にいるかどうかわからないのだけど、

 

収入が少なくても好きな仕事をしている人が、この世にいるかもしれない。

今まで、一人も見たことはないけど。

 

その場合は、もしかすると、本当に好きなのかもしれないが、

 

おそらくは、このどれかだと思う。

 

  • よくよく調べてみると、実際には、収入が多い。
  • 本当は好きでもないことを、好きだと言い張っているだけ。
  • たまたま、適性があっていたから、ぼちぼちこなせているだけの状態を「好きなことを仕事にしている」と定義している状態。

 

もうひとつ面白い思考実験をしてみよう

 

人の為と書いて、偽りと読む。

ということは、よく言われることだろう。

実際そうだと思う。

 

ただ、これが、仕事の場合はどうだろうか。

仕事というのは、人の為になることしか、仕事にはならない。

ただ、それは偽りとは言わない。

なぜなら、報酬が得られるから。

 

人の為と書いて、仕事と読むのが、現実だと思う。

 

偽りと仕事の違いを見るとわかると思うけど、それは、報酬があるかないか。

 

報酬があるかないかで、意味が異なってくる。

 

つまり、キーとなるのは、やはり報酬のほうということでもある。

すべて、そここそが、関わってきている。

 

そして、そのことに気づいていない人は、気づいていないだけ。

 

このことを、思い出すとわかるかも

 

あなたが、仕事を好きと感じ始めたのは、いつ頃だろうか。

 

収入が増えた時だったと思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像提供元: PAKUTASO/ぱくたそ